LABODIA Kセラムについて
WHAT IS K SERUM

美容皮膚クリニックの医師が最も注目している成分
〈ヒト臍帯血細胞順化培養液〉を60%から70%に増量

LABODIA Kセラム

Featured product

LABODIA Kセラム

LABODIA

LABODIA Kセラム

¥36,000

・商品名
LABODIA  Kセラム <美容液> 容量 30mL

・成分
ヒト臍帯血細胞順化培養液、BG、ダマスクバラ花水、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、シロキクラゲ多糖体、水溶性プロテオグリカン、ナイアシンアミド、水

・ご使用上の注意
お肌に傷、湿疹等異常があるときはご使用にならないでください。

化粧品がお肌に合わない場合にはご使用を中止し、皮膚科専門医等にご相談ください

※現状ボトルにはK serum 60と記載がございますが、お送りさせていただく化粧品の成分は「ヒト臍帯血細胞順化培養液」を70%配合となります。

在庫残りわずか

主な有効成分

ACTIVE INGREDIENTS

《 全成分 》

ヒト臍帯血細胞順化培養液, BG, ダマスクバラ花水, 水溶性コラーゲン, プラセンタエキス, シロキクラゲ多糖体, 水溶性プロテオグリカン, ナイアシンアミド, 水

・ヒト臍帯血細胞順化培養液
「臍帯血」とはお母さんと赤ちゃんを繋ぐへその緒や胎盤の中に含まれている血液のこと。臍帯血の中には身体の色々な部分をつくる幹細胞が豊富に含まれており、疾患の治療等の医療分野でも注目されています。その臍帯血幹細胞を培養し、培養過程で上清液に放出された成長因子を濃縮したものが「ヒト臍帯血細胞順化培養液」です。肌細胞にアプローチしお肌の悩み全般に期待できる成分です。

・ナイアシンアミド
ナイアシンアミドは水溶性ビタミンでビタミンB群の一つです。角質層に存在するセラミドの合成を助け、バリア機能をサポートし、皮膚の血行促進効果を持つことが知られています。ナイアシンアミドは、美白成分としても定評があります。メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを抑制する作用があるとして、厚生労働省に医薬部外品(薬用化粧品)の有効成分として承認されています。

・シロキクラゲ多糖体
シロキクラゲは、古くから美容の為に食べられている食材。世界三大美女の楊貴妃も美肌を維持するために食べていたと言われています。この歴史ある美容食材のシロキクラゲから100%抽出品として製造したのがシロキクラゲ多糖体です。ヒアルロン酸の5倍の保水力を持つ、特異的な構造を有する美容素材です。

・プラセンタエキス
プラセンタは動物の胎盤から抽出される成分のこと。胎盤は赤ちゃんに栄養補給などをする器官なので栄養素が豊富に含まれており、この栄養素が様々な美容効果を発揮するといわれています。特に保湿効果、抗酸化作用、ハリや弾力の維持が期待できます。

皮膚美容の専門医が監修し、自信を持っておすすめできる究極のドクターズコスメ美容液が完成

DOCTOR MESSAGE

日々、患者様にスキンケア指導をさせて頂く中で、クリニックと共にご自宅でのケアにも何かご提供できないかと開発を重ねてまいりました。その中で、患者様にご納得頂くにはどのような成分にすべきか熟考を重ね、製品化に至ったものが、今回のラボディア Kセラムです。幹細胞には、細胞の増殖や分化を促進する成長因子成分が数百種類も含まれています。更に胎児が成長するのに欠かせない臍帯血由来のものは、他の幹細胞より、特に優れていると言われており、Kセラムはヒト臍帯血細胞順化培養液を主成分としております。ターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりを活性化させる力があるヒト臍帯血細胞順化培養液をふんだんに使用しているため、多くの悩みをカバーできる美容液が完成いたしました。特に美容にこだわりのある患者様にご自宅でもクリニックレベルのケアをご実感頂きたいと考えています。

ヒト臍帯血細胞順化培養液とは?

What is THE culture solution?

ヒト臍帯血細胞順化培養液は、ヒト臍帯血細胞中にある“幹細胞”を培養して抽出した“上澄液”のことです。“臍帯“は赤ちゃんと母体を繋ぐへその緒のことですが、臍帯には人体を形成させる能力がある様々な細胞が含まれています。胎児が成長するのに欠かせない臍帯血、その臍帯血に含まれる臍帯血幹細胞を培養し、培養過程で放出された成長因子を含む上澄液が、ヒト臍帯血細胞順化培養液なのです。 また、幹細胞培養上清液は、臍帯由来・歯髄由来・脂肪由来など、様々な組織から上澄みを抽出することが可能ですが、ラボディアで用いるヒト臍帯血細胞順化培養液は、エイジングケアとして注目されている「サイトカイン」の成分量が、脂肪幹細胞由来のものよりも数十倍〜数百倍多く含有しているといわれる臍帯血細胞由来のものを利用しております。


成長因子
臍帯(赤ちゃんのへその緒)には、赤ちゃんの体の各パーツを形成させる細胞が多量に含まれています。 増殖能力に優れている細胞を培養するため、培養液には数百種類もの成長因子が含まれており、皮膚や組織の 再生を促します。 成長因子を豊富に含むため、抗炎症作用・抗酸化作用・創傷治癒作用・免疫調整作用・組織および神経の修復作用など、様々な作用があり、お肌のしみ・しわ・小ジワ・クマの改善などのエイジングケア治療や、お肌のアレルギー疾患などの治療・予防・対策などに活用することができます。

ヒト臍帯血細胞順化培養液の主な再生成分

どうして液体がピンクなのか

WHY IS K SERUM COLOR

LABODIA Kセラム60の液体の色は鮮やかなピンク。
多くのヒト臍帯血細胞順化培養液は鮮度を測るためにピンク色をしています。鮮度が高い状態はピンク色で、時間が経つと徐々に色が変化する特徴を持っており、鮮やかなピンク色というのは、新鮮である証拠です。また、鮮度が高いほど細胞の動きは活発で、より一層効果を期待できると言えます。

LABODIA Kセラムの使い方

HOW TO USE K SERUM

ヒト臍帯血細胞順化培養液は、水に溶け込みやすい性質を持っています。美容液などの液体と相性がよく、お肌への浸透がとても良いため、高濃度の再生因子で真皮層までの浸透ケアを期待できます。そのためお使いの化粧品の1番初め、素肌の状態にブースターとしてご使用ください。

1.スポイトを引き上げると自動的に1回分の使用量が吸い上げられます。

2.手のひらに伸ばし、顔から首元まで馴染ませながら包み込むように伸ばしてください。

3.もちっとしたら完了の合図です。化粧水などいつものお手入れに進んでください。


※洗顔後の清潔な肌に使用してください。
※毎日朝晩のご使用がおすすめです。

安全性・無添加

SAFETY AND QUALITY

ラボディア Kセラムで使用するヒト臍帯血細胞順化培養液は、人間の臍帯血由来幹細胞を培養した際に得られる上澄み部分を原料としており、遺伝子を含まない安全性の高い培養上精液です。その中の数百種類に及ぶ生理活性物質により、細胞の再生と活性化が起こり、高いエイジングケア効果が期待できます。日本国内に存在する細胞加工施設にて、厳しい品質管理のもと、安心してお使いいただけるクオリティを確立しています。また、お肌に不要な成分は入れず、防腐剤・香料・合成色素・石油系海面活性剤・紫外線吸収剤は一切使用しておりません。

メディア掲載実績